使いやすい名刺入れはここが違う!名刺入れ選びで知っておくべきポイントは?メンズプレゼントで使ってもらいやすい名刺入れ

使いやすい名刺入れはここが違う

みなさんは名刺入れをどのような基準で選んでいますか?「名刺入れなんてどれも同じだから、選ぶならデザインがかっこよければいい」という人は多いかもしれません。

でも実際に使ってみるとなにかしら不満を感じたりするものですよね。名刺入れ選びで外してはいけないポイントは、自分にとって使いやすいかどうかです。

ここでは、あなたにとって名刺入れの使いやすさとは何かについて考えていきます。

ポイント1:名刺入れのデザイン

デザインは使いやすさとは関係ないのでは?と思う方もいるでしょう。でも、あなたがどんなお仕事をしているかによって大きく関係してきます。

たとえば、営業の仕事をしている人が派手で奇抜な名刺入れを持っていたら、名刺を渡される相手はどのように思うでしょうか。名刺を受け取る前に、あなたに対して「変わった人」という第一印象を持ってしまうかもしれません。

そう考えると、派手で奇抜なデザインはあなたにとって使いやすい名刺入れとは言えません。逆に、クリエイティブ系の仕事をしている人であれば、派手で奇抜なデザインは「個性的」と受け止められてプラスの印象を相手に与えるかもしれませんね。

また、デザイン選びの際に気をつけないといけないのはハイブランドの名刺入れです。「誰もが知っているハイブランドなら高級だし、まず間違いはない」とつい思いがちですが、ビジネスに使用する名刺入れなどはあまりハイブランドをアピールするようなものはおすすめしません。

カバンや内ポケットから出した名刺入れにハイブランドのロゴが主張していると、いかにも「お金持ち感」が出てしまい、ちょっと嫌味な印象を与えてしまうかもしれないからです。

名刺を渡す時のあなたの雰囲気(髪型や服装など)で、今持っている名刺入れのデザインが使いやすいのか使いにくいのかが決まってきます。

つまり、名刺入れのデザイン選びの決め手は扱いやすいかどうかという機能面ではなく、相手に与える印象が良いのか悪いのかということが重要です。

それが「使いやすさ」になります。まずは自分がしている仕事を考えて、あなたにふさわしい印象の名刺入れを選んでみてください。

【GRANDE 名刺入れ】クリエイティブな感性に匠の技を融合した、 洗練された大人のデザイン。 その美しさを鮮やかに印象づけるのが、 極上ヌメ革『Buttero』

created by Rinker
【革ee.com】Bandiera|職人:太田陽介

 

ポイント2:名刺入れの機能性

使いやすい名刺入れの条件として絶対に押さえておきたいポイントが、名刺の出し入れがしやすいように工夫されていることです。

当たり前のように聞こえますが、意外と忘れがちなポイントです。名刺を入れておくポケット部分の構造をよくチェックしておきましょう。

マチが付いている場合は、名刺の端がマチに引っかからないかを確認してください。また、名刺が何枚ぐらい入るように設計されているかもチェックしてください。

営業職などはたくさんの人と名刺交換をしなければいけませんので、できれば50枚くらい入るものを選ぶことをオススメします。

ただし、実際に50枚の名刺を持ってみるとわかりますが、相当な厚みになります。50枚入るものでもぶ厚く見えてしまうとかなり野暮ったいので、当店でもできるだけ薄くスマートに見えるものが営業職の方には喜ばれています。

また、名刺交換の機会がそれほど多くない人は20枚くらい入るもので十分です。

いろいろな名刺入れを使っていて感じるのは、相手から受け取った名刺をどうするかということです。そこでオススメしたいのが、もらった名刺を入れておけるポケットのついているタイプです。

相手の名刺を分けて入れられるので、自分の名刺と混ざらずに済みます。相手に連絡したい時などもすぐに取り出せるので、名刺交換の機会が多い人にはうれしい機能だと思います。

また、名刺入れの蓋はきちんと閉まるものを選びましょう。名刺交換後に、もらった名刺を名刺入れの上に置くとスマートだからです。ビジネスマナーとして、もらった名刺をすぐに片付けることは失礼にもつながりかねません。

【Bandiera 通しマチ 名刺入れ】名刺は50枚入る大容量。スマートながら機能的。取引先への訪問にも恥ずかしくない質感が良く、作りが丁寧な物を。布生地や合皮は一切使っていません。

created by Rinker
【革ee.com】Bandiera|職人:野村健吾

 

ポイント3:名刺の素材

名刺入れにはアルミなどの金属製や木製、革製、合皮、布生地などさまざまな素材のものがありますが、私がオススメしたいのは、やはり「レザー(革)」です。

これは私が「革ee.com」の店長だから言っているのではありません。名刺入れは耐久性が求められるアイテムです。例えば、アルミ製の名刺入れを使ったことがある人は心当たりがあるかもしれませんが、スーツやカバンの中に入れておくと凹んだり曲がったりしてしまいます。

素材によっては数ヶ月も経たないうちに、壊れたり薄汚れてしまったりして使い続けるのが難しくなります。せっかく選んだ名刺入れですから、長く使い続けたいと思いませんか?

革の名刺入れは、確かな技術を持つ革職人が上質な革で作ったものなら何年でも使うことができます。傷がついても味わいに変わりますし、持ち主が年齢を重ねるごとに経年変化で色味も重厚感を増していきます。

そう言った意味でも、革の名刺入れは使いやすいと自信を持ってオススメできるのです。

【LETTER 横型】美しく色気漂う名刺入れ。楽天ランキング1位! 名入れ可能でプレゼントにも人気!革職人手縫い

created by Rinker
【革ee.com】Lutece|高橋秀行

 

買うのも、贈るのも使いやすい名刺入れを!

使いやすい名刺入れとは何かを3つのポイントにしぼって書いてきました。デザインと機能性、そして素材をよく見極めて、自分にふさわしい名刺入れを見つけてください。

また、名刺入れは贈り物にも最適です。プレゼントしたい相手のことをよく考えて選んでください。せっかく贈っても使ってもらえなければとても悲しいですよね。

相手のことを想像しながらプレゼントを選ぶ時間はきっと楽しいと思います。